03-6869-6865 受付時間 10:00-19:00(土日祝日除く) お問い合わせ 資料請求
資料

顧客ロイヤリティ向上へ繋げる『ソーシャルメディア戦略』

ソーシャルメディア戦略-コピー

 人との距離が非常に近いメディアである携帯電話やスマホ。

私たちは顧客に対して、広告メールなどを配信する「メールマーケティング」といった手法がありますが、時に顧客はそれを不快に思い、企業のPRどころかロイヤルティを下げてしまう危険性があります。

そこで、今回は『ロイヤルティリーダーに学ぶソーシャルメディア戦略』(高見俊介著、株式会社アイ・エム・ジェイ)の第2章をもとに、ソーシャルメディア時代に対応した顧客セグメンテーションを学んでいきましょう。

 

6つの顧客タイプに分類する「顧客グリッド」

はじめに、「顧客グリッド」と呼ばれるセグメンテーションを紹介します。

顧客グリッドとは、(下図を参照)縦軸に企業の収益を示す「顧客収益性」、横軸にロイヤリティを示す「NPS」を表示し、6つの顧客タイプに分類したものです。

 顧客グリッドによるセグメンテーション

(参照:『ロイヤルティリーダーに学ぶソーシャルメディア戦略』P48,顧客グリッドによるセグメンテーションの図表)

これら6つのタイプの中で企業が最も獲得したいのが、高収益でかつ頼もしい推奨者である「エンジェル」です。

逆に、最も企業が減らしたいセグメント顧客が「反逆者」です。

企業の収益性を上げるという観点からすると、「反逆者」をいかにして「エンジェル」へとスライドしていけるかがポイントとなってきます。

 

「購買意思決定プロセス」に与える口コミの影響力

消費者には、商品を買うに当たって「購買意思決定プロセス」というものがあります。

ある製品を購買しようとした時に、いくつかのブランドを思い浮かべる段階のことを「初期検討」と言います。

購入する場合に入念に調査する段階が「積極的評価」。消費者による深い調査を耐え抜いたブランドが「購買の瞬間」という段階で審判を下されます。

このプロセスの「積極的評価」に強い影響力を及ぼすのが、「口コミ」の存在です。その「口コミのインパクト」は以下の図表のように3つの要素から構成されています。

 口コミのインパクト

(参照:『ロイヤルティリーダーに学ぶソーシャルメディア戦略』P65,口コミのインパクトの図表)

消費者は専門家や身近な家族、友人の意見といった、客観的かつ信頼できる情報をもとに、商品を選択します。

つまり、ロイヤルカスタマーのポジティブなレビューは購買意思決定に最も影響を与え(ブランド支援)、逆にロイヤルティが低い顧客が発信する口コミには、消費者を購入から遠ざけます。

批判者が発するネガティブな口コミには、顧客体験に基づくレビューと企業不祥事などに基づくバズの両方が含まれます。

それぞれの対策として、

ネガティブなレビュー → 顧客との関係性の修復に注力を注ぎます。
ネガティブなバズ → PR活動によって、風評リスクをマネジメントすることが求められます。

 ロイヤルカスタマーによる口コミはボランティア精神から発信されるので、消費者からの信頼を得ると共に、人々の心を動かします。

したがって、「究極の口コミマーケティング」はロイヤルカスタマーによって成り立つと言っていいでしょう。

 

ロイヤルカスタマー育成プロセス

企業の持続的な成長に必要であるロイヤルカスタマーを育てるには、以下のようなプロセスが基本です。

➀既存顧客(浮動客)のロイヤルティ把握

      ↓

②ロイヤルティを向上させる(販売促進)

      ↓

③たくさん買ってもらう(顧客が製品を再度購入する) 

      ↓

④推奨してもらい、新規顧客の獲得に繋げる(口コミにより、ビジネスの参加を促進)

      ↓

➄フィードバックをビジネスの改善に繋げる

現状の顧客ロイヤルティをNPS調査にて把握し、浮動客に「ディライト(大きな喜び)」をもたらす、「WOWモーメント(感嘆の瞬間)」を伴う顧客体験を与えることで、ロイヤルティを向上させます。

その後、購入量を増やしてもらうための、冒頭で説明したような従来のマーケティング戦略にはリスクがあります。 

そこで、顧客ロイヤルティの改善余地がないかどうか検討し、彼らを宣教師に変える施策を考えましょう。

ロイヤルカスタマーにブランドを推奨してもらうためには、口コミ促進に向けた環境作りとして提唱されている「ADIA」(感謝・対話・インセンティブ付与・活性化)というステップをクリアし、「推奨したい」から実際に「推奨する」流れを作ります。

ロイヤルカスタマーは、商品・サービスに対して「オーナーシップ(所有者であること)」を感じ、「自分のもの」として捉えているからこそ、知人・友人に推奨し、企業に対してフィードバックを与えてくれているのです。

 

まとめ

顧客の声をリアルタイムで聞き、ロイヤルカスタマーからのフィードバックを顧客インサイトとして把握し、ビジネス改善に繋げるためのアクションを起こしてく。

こうすることが本当の意味で「顧客の声」を「収益向上」に活かしていくということなのです。

ロイヤルカスタマーは口コミ価値の面で「セールスパートナー」であると同時に、情報価値の面では、建設的で価値のあるフィードバックをしてくれる「ビジネスパートナー」としての役割を持つ存在であると言っていいでしょう。

NPSの指標についての解説、顧客満足度との違いについては、以下のホワイトペーパーより詳しくご確認いただけます。資料をダウンロードしてご覧ください。

合わせて読みたい記事
関連記事
人気記事

お問い合わせ

専任のコンサルタントが導入のご相談から改善策の提案まで、
プロジェクト伴走型でトータルソリューションをご提供いたします。
まずはお気軽にお問い合わせ下さい。

03-6869-6865受付時間 10:00-19:00(土日祝日除く)