03-6869-6865 受付時間 10:00-19:00(土日祝日除く) お問い合わせ 資料請求
新着情報

肉フェスでwizpra NPSの導入。肉フェス来場者約100万人を対象にNPS調査を実施

niku_catch

肉フェス来場者約 100 万人を対象にNPS調査を実施

wizpra NPS 導入決定!お客様・出店者により満足いただける運営を目指して

日本最大級のフードイベント「肉フェス」を運営するAATJ株式会社(東京都港区、代表取締役:杉崎 健二、以下「AATJ」)は、株式会社wizpra(本社:東京都新宿区、代表取締役:今西 良光 、以下「wizpra」)が開発する、顧客体験をマネジメントするクラウドサービス「wizpra NPS」を導入し、来場者・出店者により満足いただけるよう、下記の通り取り組みを開始いたしましたのでお知らせします。

継続的な顧客体験の向上を目指して

AATJは「肉フェス TOKYO 2015 春 (http://nikufes.jp/)」の来場者(予想集客数100 万人)を対象に、NPS(ネットプロモータースコア)* という指標を計測することで、顧客ロイヤルティ(肉フェスへの愛着・共感している度合い)を数値化する。来場者の声をリアルタイムでAATJが把握することができるため、開催期間中でのサービス改善も可能だ。

「肉フェスは現在、年に2回開催されており、今後それぞれのイベントで継続的にwizpra NPSを活用す。ることにより、NPSが向上するかどうかをモニターしていく予定。

リピート出店者の増加施策

今回はNPS調査を、来場者だけでなく出店者に対しても実施する。従来の満足度調査と異なり、NPSは BtoB 分野においても北米を中心に普及している。AATJ も出店者が参加したいと思えるイベントを運営することで、出店リピート率を向上させ、「肉フェス」をより盛り上げようと考えている。

スポンサー企業の誘致といった活用方法も

wizpra NPS の大きな特徴は「ロイヤルカスタマー(肉フェスへの愛着・共感している度合いが高い顧客)」を詳細に分析できる点である。今回の取り組みを通して、「肉フェス」への愛着度が高い顧客像を割りだし、今後そういった顧客をどのように増やしていくのかを検討する。また、ロイヤルティが高い顧客像を把握することにより、顧客にあったスポンサー企業を誘致するデータを蓄積することが可能となる。

NPS(ネットプロモータースコア)とは *

正味推奨者比率。顧客の商品・サービスに対する推奨度を計測し、顧客ロイヤルティマネジメントを行うためのベースとなる指標。NPSは Bain&Company、Fred Reichheld、SatmetrixSystems の登録商標です。

肉フェスでのwizpra NPS導入について

お問い合わせ

専任のコンサルタントが導入のご相談から改善策の提案まで、
プロジェクト伴走型でトータルソリューションをご提供いたします。
まずはお気軽にお問い合わせ下さい。

03-6869-6865受付時間 10:00-19:00(土日祝日除く)